検索
  • 岡住 修兵

稲とアガベprototype02

【稲とアガベprototype02販売日のお知らせ】


ついに稲とアガベ02が今月7月18日にいよいよリリースされます。

今回もいろんなチャレンジ満載の実験、問題作となっております(汗)


今回は全量酒販店さんに卸すので、僕の方では受付はしないのですが、

取り扱いいただける酒屋さんをHPで紹介させていただきました。


今回も800本限定です。

どうも殺到しそうなので、お早めにご連絡ください!!


肝心のお酒の味なのですが


調子に乗って、攻めて攻めて超低温発酵した結果、

酵母が苦しんだ証の、甘臭、やや粕様、といったオフフレーバーがおります。

委託醸造先の土田酒造様の技術的な問題ではなく、全て自分の指示の結果、責任です。


ただ決して悪い酒ではなく、良い面は良く、気になる面は気になりますが

他にない飲んだことないような酒といった感じで面白いお酒です。

しかし3000円という高価な日本酒であってはならないことなので、

正直販売停止で自分が全て土田酒造から買い取ろうかと考えておりました。


ただ救いはお米でした。

自然栽培のお米やはり素晴らしいです。

その癖も優しく包んでくれています。

特に常温、熱燗でその癖が気にならずむちゃくちゃ美味しいです。。(これは常温で癖が出てくる日本酒とは真逆で面白い)

甘旨ボディがあって、コメの個性でなんか優しい、新しいタイプの日本酒の道を切り開ける可能性がある気がします。

1日の疲れを癒してくれるような酒質です。

ちゃんと世に出してあげたいと思い、出荷の決断をしました。


酵母は苦しんだものの生菌率100%(←大体がんばっても少しは死ぬので結構すごいです)のなのでおそらく全く悪く老ねることはないと思います。上級者は常温で熟成しましょう!


お好みでもちろん冷やしていただいてもと良いのですが、

自分は常温〜熱燗までのいろいろな温度を試してみて欲しいなと思っております。


お客様の中の熱燗上手な方々、熱燗レシピ皆さんに共有しても良いよって方はご連絡ください!笑


・スペック

原料米:秋田県大潟村石山農産 自然栽培 ササニシキ

精米歩合:90%

アルコール 14.1

日本酒度 −6.6

酸 1.5

アミノ酸 1.57

グルコース 2.64


前回と全く同じお米、麹、レシピです。

違う点は酵母を添加したこと。

使用酵母は6号です。


正直手放しでうわおいしいというような今流行の酒質ではないかもしれません。

田んぼで作る吟醸という目標には及んでおりません。

しかししみじみ旨いそんなお酒です。

美味いではなく旨い酒。


普通にやれば、土田のみなさまにやってもらえば良いのですが

むかしから酒造りでは攻めてしまう自分がいて、攻めると失敗するというのはわかっているのですが、手放しで美味しいお酒を作れるコメなのに、、コメの良さを引き出せず本当に不甲斐ないです。

でも01、02と攻めに攻めて結果、将来につながるいろいろなことを教えてくれました。

03以降美味しいお酒を作る自信しかありません。


将来の大きな夢につながる今の未熟さもみなさまに楽しんでいただければ幸いに思います。


少しでも楽しんでいただけることを願っております。


来年秋田に醸造所ができます。みなさまとオープニングレセプションパーティーやりたい!


岡住修兵




0回の閲覧
 
  • Facebook
  • Instagram

©2020 ine to All Rights Reserved